スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.08.16 Tuesday
  • -

2月12日

itoshima.jpg

あったあった、わっぱの弁当箱、洗ったやつを会社の給湯室に忘れてたわ。
よかった〜。

- - - - 

三崎で買ってきた魚が本当に美味しかったので
魚食べたい欲が抑えられません。
半年くらいで魚好きとしてのレベルアップ度合いがアップしました。
もともとは、魚全然興味無かったのにな〜。

・魚より肉が好きだし、魚がメインなのはいまいちだなあ↓
・中性脂肪を下げたいのでしょうがないから青魚食べよー↓
・料理するの面倒くさいから、できあえの鯖味噌や缶詰でいいや↓
・できあえのだと、味に飽きるなあ、魚焼き器買うか↓
・鮮度良い旬の魚を自分で料理して食べるとでら旨い↓
・スーパーの魚じゃ物足りない、もっと旨い魚を!

と順調に魚好きへの道を歩んでおります。

そもそも、毎日帰るのが遅いので魚は利用しずらいこと、
スーパーに行くのが閉店間際だから、ろくな魚が残っていないこと、
とか、一人暮らし自炊派には魚料理は分が悪いんだよな〜

うまい魚を手にいれるにはどうしたら良いか、
というのが目下の課題でござんす。
で、それを調べるうちに、面白いことが見えてきた。

- - - -

上であげた、自分の消費行動の変化なんですが、
これがいまの日本の魚消費政策と結びついてて、
ほほーと思った次第です。

日本の魚の年間消費量は、かなり落ちてきています。
農水省水産庁で出してるデータが違う)

昔は日本人はたくさん魚を食べていたんだけど、
2007年前後を境に、
魚介類と肉類の1日当たりの摂取量が逆転してます。

そこで国が、国民の魚離れを食い止めよう
と始めたのが「ファストフィッシュ」作戦。

買ってきたあとに捌くのがめんどくさい、
骨が邪魔、などの消費者のわがままに応えるべく
もっと手軽に魚を食べられる(即食)ようにしよう、
というのがファストフィッシュの考え方です。

まさにこれ。骨がなくて、セブンイレブンで24時間買える。
自分も一時期どハマりしました。
(おかげで中性脂肪値も落ちた)
1年で1000万食以上売り上げる、隠れたヒット商品だそうです。

そんなどハマりしたさばの味噌煮も、しばらくすると飽きてくる。
それで、自分でスーパーで切り身を買ってきて、
魚焼き器で焼くようになりました。

でも、スーパーの切り身って、手軽なんだけど
いっつも同じ種類だし、値段の割に、
なんだか美味しくないんだよなー。という贅沢な悩みも。

そもそも、スーパーの鮮魚売り場は斜陽だそうです。
スーパーで鮮魚を売る場合、品切れを防ぐ、売れ残らない、
という命題で縛られている。ファストフィッシュの商品は増えるけど、
丸のままの魚(丸魚)を買う人はどんどん減っている。
その結果どんどん売り場が小さくなる、、という悪循環のようです。

せっかく魚が好きになって
魚を調理したい、食べたい、というモチベーションを持っても、
スーパーの売り場だとそれに応えづらい、という状況みたいです。
(もちろん場所によっては品揃えの良いスーパーや鮮魚店があると思いますが)

で、実はそう考える層が消費者の中にもあるらしく、
その潜在ニーズを突いたスーパーもあるそうです。
ここ。横須賀のスーパー、エイヴイ。

ファストフィッシュ商品を求める層をばっさり切って、
コアな魚好き(丸魚を買って、自分でさばいて、料理する層)を
狙った鮮魚売り場を展開してるんだって。
うわー、行ってみたい!

それから上の消費者層と重なるなーと思ったのは、
横浜の金沢にある小柴漁港の直売所に行く層。

中央水産研究所が、小柴の直売に行く消費者は
どんな層なのか、というのをアンケートに取っていました。
見えてきたのは、地物好きで、鮮度重視な、
高齢世代の男性。という結果だそうです。
へー!

日本人の中で、若年層より高齢者層の方が
魚介の消費量が多いのはなんとなく知ってましたが、
やっぱりそうなのか。
ちなみに、30代が食べる魚の量は、
60歳以上の人が食べる魚の量の三分の一程度です。

このまま世代交代が進むと、
もっともっとスーパーの鮮魚売り場は寂しいことに、
鮮度の良い丸魚を売るお店が無くなっていくことになりそうです。
がーん。
せっかく魚好きになったのに。
いろいろなところで
「魚を食べよう」「魚で健康に」と言われてますが、
おいしい魚が食べられなくなってしまっては、
魚離れがさらに進むんでは。

鮮度が良くておいしい魚を、身近に買えるようになりたい、
というのが今現在の願望。

海沿いに住めば良いのかな〜。

ちなみに曇り眼鏡の司令官は魚リテラシーが高いのですが、
出身地の青森県は日本で一番魚介を消費している県です。
さっすが〜


  • 2015.02.12 Thursday
  • 11:36
  • -

スポンサーサイト

  • 2016.08.16 Tuesday
  • 11:36
  • -


selected entries

categories

archives

           

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

link

      

PR