スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.08.16 Tuesday
  • -

3月11日

1963年東北周遊の写真を見てると、
知ってる場所や物は多いけど、
2015年に残っているものが、思ったより少ない。

湯ノ倉温泉は岩手宮城内陸地震で。
栗電こと栗原電鉄や、大畑線は廃線に。
宮城で宿泊している旅館は
311の津波で流されてしまっている。

ページを割いている陸中海岸国立公園は、
名前が三陸復興公園に変わった。
盛岡のわんこやも無くなっている。

反対に、変わらずにいるものは、
栗駒山や恐山、十和田湖。
毛越寺、中尊寺、
それから蔦温泉も変わっていない。

0311_01.jpg

1962年の月刊『旅』を見てると、
ここ数年のニュースで「幕を閉じました」と聞いたことが
あるものがいくつか出てきて、感慨深い。
寝台特急あけぼの登場、とか横浜プリンスホテルとか。

老舗のお店とか、今まで「老舗」って聞いても
「ふーん、古いのかあ」くらいにしか思わなかったけど、
長い年月、時代に沿ってずっと現役でいるのって
実はものすごいことなんだなーと思った。

- - -

今BOOMの島唄を聞きながら
「懐かしいな〜この曲」って思ったんだけど、
こうやって生きて年をとっていくと、
自分のなかの「懐かしいフォルダ」の中のデータが
どんどん増えていくのかと思い、ちょっと恐ろしい。

若い頃は毎日新しい情報を取り入れて、
「懐かしいフォルダ」なんて見向きもしないけど
30超えて、気がつくと、
自分の「懐かしいフォルダ」の中にも
かなりデータが溜まっているのだった。

カラオケで歌う歌だって、
懐メロが多くなる訳ですよ。

あーあー。


  • 2015.03.11 Wednesday
  • 23:47
  • -

スポンサーサイト

  • 2016.08.16 Tuesday
  • 23:47
  • -


selected entries

categories

archives

           

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

link

      

PR