スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.08.16 Tuesday
  • -

3月31日

あ、6カ月定期が今日までだった!
買わねば、、

先日、大吉くんと福ちゃんの犬の家のページ見てたら
うちが通っている病院の先生が出ていた。
この先生です。奥様もでらべっぴん。(昭和〜)

横浜から引っ越すのに腰が重いのは、
この病院が近所にあるってのもある。
もよもよしてるうちに、賃貸の契約更新になった。
なんかあっという間だな。

調布に住んでたのが2年弱なので、
今の家の方が長く住んだことになる。
調布は、お隣が青じそ先生だったり、
ちび課長と出会ったりで、イベントてんこもりだったので
濃密な日々だった。そして自然が多くて面白かった。

ちび課長の家でカブトムシとりをしたり
夏野菜の収穫をさせていただいたのが思い出される。
調布、良いところだよ〜

昨日、桜木町の臨海パークから大桟橋、山下公園、元町公園と
歩いて桜見てきて、桜木町のあたりは
新しいものがたくさんありすぎて、自分の知っている横浜と
全然ちがうことにびっくりしました。
山手のあたりや、野毛方面は変わらずなんだけど。
やっぱり車橋モツ肉店でもそもそ冴えない感じで飲んでるのが落ち着く。

- - -

遊びつくした感がある、盛岡紺屋町のわんこ屋跡地ですが

20150322_1195486.gif

合成したときに、前を歩いているご婦人2人の位置が合わず、
「?」となりました。
パース的には合っているはずなのに、なんで道のど真ん中を
歩いているんだろうかと。
(元の写真は、橋の端、欄干そばを歩いていたので)

しばし考えたあげく、橋の架け替え!ということに気がつきました。
1961年のときの橋を架け替えて、拡幅工事をして、
橋の幅が広くなったのかと。(もしくは橋の位置が変わった)

と思って調べてみたら、
1961年当時に架かっていた橋は、大正14年(1925年)に架けられた
鉄筋コンクリートの橋桁を使った、当時ハイテクだった橋。
それを1969年(昭和44年)に架け替えたそうです。

ほほーん。

あと正確には、カメラの立ち位置が、
61年当時の方がもうすこし左寄りでした。
同じ場所に立って撮るのが無理だったので、すこしズレがあります。
車通りが多いところで、月曜の朝だったため、さすがに道路上で撮影は無理。
それにレンズがもう少し望遠だな。
90mmくらいのレンズで撮ってるっぽいです。
自分は75mmくらいのズームしか
持って行かなかったのでちょっと足りなかった。
なんで「ぴったり」と書いたけど、厳密にはぴったりではないんだよな〜



1959年のわんこやと番屋ですが、
わんこやのメインの建物の奥にあたる、番屋の隣になる、
この背が低い建物は一体なんだったんでしょうか?
映画の中では小上がりになっていて、そこで蕎麦をすするシーンがあります。

くし父のアルバムでは、畳敷きの2階に通されたそうで、
それはたぶんメインの建物ではないかと。

背が低い方の建物の屋根に、えんとつが飛び出てて、
これは浄化槽から出ているえんとつに見えるような。
トイレが汲取式だったのかな?

メインの建物の川側に入り口が見当たらないから、
この背が低い建物が入り口になっていたのかもしれません。

しかしきれいな町並みだな。
東北の昔の町並みは、かこさとしの絵本「ゆきのひ」みたいで
ノスタルジックで良いですねー。


  • 2015.03.31 Tuesday
  • 10:22
  • -

スポンサーサイト

  • 2016.08.16 Tuesday
  • 10:22
  • -


selected entries

categories

archives

           

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

link

      

PR