スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.08.16 Tuesday
  • -

9月22日

窓開けるとキンモクセイの匂いがするなあと思って
よくよく見たら、台所の窓の真下と、すこし先に
結構大きな樹があって、花が咲き始めていた。
オレンジじゃなくて、明るい黄色。
調べたらウスキモクセイというらしい。
秋の香りとして中国の人にも愛されているのだとか。
風情あっていいねー。
もともとは中国南部原産で、江戸時代後半に日本にやってきたのだそうです。

庭にはほかに、タイサンボクの樹(たぶん)もあって
花の時期が楽しみである。
あのむっちりした照葉はタイサンボクだと思うんだけどなー。
木場公園にもタイサンボクがあって、梅雨時に咲くと
エキゾチックな香りがして、
走っていてもつい足をとめて花を見てしまうのだった。

梅雨時の香りというとクチナシもそうだけど
クチナシも中国にあるなあ。
日本の江戸時代頃からあるガーデニングは
中国原産だったり、共通のものが多い。
緯度と気候が似てるから当たり前だけど。

菊を楽しむ人も多いらしんだけど、
いまのところ菊は目撃ゼロ。どこに行けばあるんだ。
おじいちゃんおばあちゃんが多い小区とかだろうか。

モクセイの香りもそうだけど
道端に焼き芋屋さんが登場したり、
朝の道路に落ち葉が落ちてたり、
ちゃくちゃくと秋が深まっている今日このごろです。



  • 2015.09.22 Tuesday
  • 12:34
  • -

スポンサーサイト

  • 2016.08.16 Tuesday
  • 12:34
  • -


selected entries

categories

archives

           

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

link

      

PR